逮捕,勾留中の被疑者との面会について

ご家族やご友人が逮捕されて警察に留置されている場合,

いち早く面会をしたいと考える方が多いです。

しかし,逮捕直後は,弁護士以外は警察などの許可がなければ

原則として面会をすることが出来ません。

その後,勾留になると,接見禁止処分が付されない限り,

ご家族なども面会が出来るようになります。

しかし,ご家族の面会については,警察官の立ち会いの下行われ,

刑事事件に関する話などは原則として出来ません。

これは,面会中に証拠隠滅等の指示がなされないようにするためです。

その他,面会時間は1回15分程度に限られますし,

1人の被疑者に対する1日の面会できる人数等も制限があります。

あるいは,取り調べをしていたり,実況見分などで外出していたりする場合も

面会が出来ません。

面会が可能な時間は,平日の午後4時くらいまでが多いです。

そして,警察署によっては,面会室が1つしかないところもあり,

順番待ちをしなければならないこともあります。

一方,弁護士は,逮捕直後から面会が出来ますし,

当然,事件の内容も話を聞くことが出来ますし,

警察官の立ち会いもなく,時間制限もありません。

面会は,土日や夜もすることが出来ます。

家族が逮捕され,どのような状況か知りたいときには,

ご家族が面会することも重要ですが,

是非早く弁護士に面会するように手配をすることも重要です。

Notice: This work is licensed under a BY-NC-SA. Permalink: 逮捕,勾留中の被疑者との面会について