尋問における裁判官との攻防

弁護士業務で難しいものの一つに尋問があります。

そして,尋問は,証人に何を語らせるのか,

有利な事情をいかに引き出すかがとても重要です。

そのため,尋問は証人との戦いのようにも思えますが,

裁判官との戦いもあります。

本来尋問は,事実認定者である裁判官に心証を取ってもらうものですが,

尋問内容を制限したり,尋問時間を制限したりと,

場合によっては,裁判官と戦わなくてはならないこともあります。

絶対にやってはいけないのが,

中途半端にしか尋問の準備をせずに,

裁判官から「時間が借りすぎではないか」,「必要性はあるのか」

といわれて,尋問を止めてしまうことですね。

これからも,良い尋問をするために,日々努力が必要ですね。

Notice: This work is licensed under a BY-NC-SA. Permalink: 尋問における裁判官との攻防