尋問

民事裁判でも刑事裁判でも,尋問,

とくに相手側の証人に対する反対尋問は,弁護士の見せ場であると共に,

訴訟上も重要な場面です。

しかし,意外に,尋問がきちんとできる弁護士は多くはありません。

尋問のテクニックは多数ありますが,

やってはいけない尋問の典型例も多数あります。

その一つが,

主尋問の上塗り尋問。

自分にとって不利な事実を自分の尋問でさらに固めてしまうというもの。

これをやられてしまうと挽回は不可能なのですが,やってしまう弁護士がいます。

また,相手方や裁判官から異議などが出されると,

萎縮してしまい,尋問が続けられず,打ち切ってしまうメンタルの弱い弁護士もいます。

岐阜の弁護士は,一定数の刑事事件をこなし,尋問になれているので,

このようなことは少ないといえますが,

都会の弁護士は,法廷に立つことが少ない弁護士も多く,

尋問で上記のことをしてしまう弁護士もいます。

Notice: This work is licensed under a BY-NC-SA. Permalink: 尋問